i-Construction

概要

 i-Construction(アイ・コンストラクション)とは、国土交通省が、推進する新しい取り組みのことです。ICT技術等を建設現場へ円滑に導入し、建設現場における生産性を向上させ、建設現場に携わる人の賃金の水準の向上を図るなど、魅力ある建設現場を目指すことを目的としています。

 ICTとは、Information and Communication Technology(インフォメーション・アンド・コミュニケーション・テクノロジー)の略称です。
 すでに一般的に浸透したInformation Technology(インフォメーション・テクノロジー)、いわゆるIT、情報技術に、通信ミュニケーションの重要性をつけ加えた言葉です。

 2016年4月には、ICTの全面的な活用・実施に向けて、土工における調査・測量、設計、施工、検査のプロセスにおいて、現在の紙図面を前提とした基準類を変更し、3次元データによる15の新基準、ICT土工の活用に必要な経費を計上するための新たな積算基準が導入されています。

参考:ICTの全面的な活用(国土交通省HP)



i-Construction3つの取り組み

ICT技術の全面的な活用 (土工)|i-Construction(アイ・コンストラクション)とは
規格の標準化|i-Construction(アイ・コンストラクション)とは
施工時期の平準化|i-Construction(アイ・コンストラクション)とは

参考:ICTの全面的な活用(国土交通省HP)



ICT技術の全面的な活用(土工)

ICT技術の全面的な活用(土工)|i-Construction(アイ・コンストラクション)とは、ICT技術等を建設現場へ円滑に導入し、建設現場における生産性を向上させるなど、魅力ある建設現場を目指すことを目的とした、国土交通省が推進する新しい取り組みのことです。

資料2「i-Construction ~建設現場の生産性向上の取り組みについて~」(国土交通省)をもとに作成




まずはお気軽にご相談ください
疑問点のご相談や、どんなご質問も、大歓迎!

みちのくドローンスクールお問い合せへ ドローン・アイコンストラクション:Drone×i-Construction
みちのくドローンスクールは、ドローンの正しい知識とプロの技術を学び、幅広いドローンビジネス(建設、測量、設計、空撮、警備、物流、防災、環境計測など)で活躍できる人材育成をサポートします。